確率論の魔法

前回のブログで確率についての質問があったのですが、確率論と言うのは「体感」と異なる部分が大きいので、書いておきたいと思います。

例えば「0.2%の確率で勝てる勝負」があったとします。
これ、体感として考えると、勝負ににならない負け戦と感じる人がほとんどじゃないかと思うんです。
さらに例えとして「カウンターパンチが成功して相手を一撃で倒す確率0.2%」だったとして、チャレンジする人居ますか・・・?
おそらく居ないでしょう。
そこが確率マジックなんですね〜実は。

真剣の斬り合いで成功率0.2%の技を使う事はありません。
でも考えなければいけないのは「1回勝負なのか回数勝負可能なのか」なんです。
1回の失敗で斬られて死んじゃうならやらない。
しかしながら何度も試すチャンスがあるなら、0.2%という数字はまったく低い数値ではありません。
体感だけを頼りにしていると、ここが理解できないんですよね。

パチンコの確率が分りやすいんですが、399分の1の台があったとして、1回転目に当たる率を計算すると・・・ザックリ0.2%です。
そんな低いと当たるわけ無いのですが、そういうところにしょっちゅう行く人は、何回かは経験あるんじゃないでしょうか?
1発勝負ならまず無理な数値ですが、何度もチャレンジできるなら、ほとんどの人が体験できる確率なんです。

もしも、誰が相手でも、0.2%の確率で倒せる技があるとして、1回の試合で数十回仕掛けるチャンスがあるのなら・・・私なら自信持ってドンドン使います。
数試合に1回発動しますよ。
体感だけでモノを捉えようとすると、侮ってしまう数字ですけどね。

おもしろくないですか?
確率論の魔法は。
マンガで「たとえ1%でも希望がある限り・・・俺は・・・あきらめない!!」
コレに近いセリフは多いですが、1%も確率があるんなら、100回試せば60%以上の成功率なので、あきらめる必要性はゼロ。

疑問力

子供の疑問力は、自分で考えりゃ分るだろ、というモノから、大人をたじろがせるものまで幅広くて面白いです。

学校の先生で「自分で考える癖を付けなさい」と言う人がいます。
それはその通りなんですが、モノには順序があります。
赤ちゃんに自分で考えろとは言いませんからね。
つまり、最低限の材料がそろっているから、それを組み合わせて色々な料理を作るが如く。具財がないのに作れと言えません。
情報が最低限無いと考えられません。
その上で、面白い質問とは情報の偏りがあるから生まれるんじゃないか・・・とも思います。

合宿中で聞かれた中で、面白い質問がありました。
単純な質問ですが、コレは大人でもドキッとする人いるんじゃないでしょうか。

 嵜祐屬董∋請任魑曚辰篤鷸晴獣坐任鯏任って学校で習ったけど、人工呼吸で二酸化炭素を入れて生き返るの?」
面白い質問ですよね。

あと、こんなのも在りました。
◆8分の1のクジって8回ひいたら1回当たるって事でしょ?8分の1のクジを4回ひくと2分の1(おそらく8分の4)の確立で引けるって事?」
コレも着眼点が面白いと思います。

こういう疑問力を持ってるってすばらしいですよね。
,蓮▲丱ぅ織襯汽ぅ鵑簀仕戮涼亮韻鮖っていれば理解できる事だと思います。ザックリと酸素を吸って二酸化炭素を吐く、と言う情報を持つから生まれる疑問ですよね。
△蓮▲僖船鵐海粒領┐鮃佑┐浸のある大人にはわかる事じゃないでしょうか。確率マジックですから、399分の1のMAX台を399回まわしても当たりゃしませんしねw

少年茶帯トーナメントの黒帯について

さて、少年茶帯トーナメントまでもう少しです。
茶帯の皆さんは準備できていますか?
是非とも、ここ一番の時に力を発揮してもらいたいです!

黒帯の試合もありますが、今回の大会は、黒帯の出場人数が予定より多いため、人数が規定を満たしている場合はレギュラールールでトーナメントになり、規定を満たしていない場合はエキスパートルールにすることで、昇段試合としての規定を満たすと言う事になるそうです。
ですので、対戦相手の申し込み状況によって、ルールが変動してしまいます。
組み合わせが来次第、ルールの連絡をしますが、黒帯の子供たちは注意してください。

レギュラールールとエキスパートルール・・・
まあ、格闘技と言う枠組みの中で考えれば似たようなルールなのでなんとかなるでしょう。
ただ、しっかりと追求しようとすると、ほんの少しのルールの違いで、多くの事が変わります。
ザックリ見ると同じでも、細かく見ると違うこと、色々ありますよね。

例えばテスト勉強で結果を出したい時
選択問題なのか記述問題なのかで、勉強する手法を変えたほうがいいのと同じ。
50点取るつもりなら、どっちも似たようなモノなので、いつもどおりの勉強をすれば良い。
でも限られた時間と情報の中で100点目指すなら、ルールによって手法を変えなきゃ追いつきません。

だから、先ずはルールを定めて、そこに団体の理念を置かなければいけないと個人的には思っています。
とりあえず来年からは、茶帯トーナメントの黒帯昇段試合は、統一ルールとする方向で話は進んでいますが、会議でも話が中々進みませんからね〜

黙祷

今の安保法制を進める人たちも、デモをする人たちも、全員が戦争を知らない世代です。
歴史は繰り返すと言われますが、それは世代が変わるから、知識は残せても体感を残せないから起こる現象なんでしょうね。

安保法制が、直接的に戦争法案だとは思いませんが、どんな方法でも戦争をしない事は最重要です。

仕掛けられちゃったらどうしようもないんでしょうけど・・・そんな時、ここだけは守らなければいけないと思う事は、戦争中といっても、何でもアリじゃあ無いと言う事。
何でもアリってのは「テロ行為」の事です。
非戦闘員を攻撃しないとか、降伏した捕虜を保護しなきゃいけないとか、戦争国際法って日本だけの問題じゃなくて、この部分だけは最後の砦。

広島の記念館も行きましたが、原爆はテロです。
非戦闘員、一般市民を巻き込んだ、大量破壊兵器の実験。
完全な国際法違反。
ムチャクチャです。
こういうのはダメです。

フェイスタオル

毎回、ご好評いただいている合宿参加者のお土産のタオル。
今年のも良いデザインが出来たと思います。

全日本大会などの遠征試合に、是非みんなで使ってくださいね!

熱中症

夏といえば熱中症・・・というくらい最近は暑いです。

扇風機を4台に増やしましたが、外の空気が中々入ってこないため熱がこもり、今日の柔術もすさまじい暑さでした。
そしたら一人、熱中症の症状である熱痙攣(こむらがえり)を起したので氷で冷やしました。
道場には、イザというときのために氷を作ってありますが、なぜか減っていくので使った人は返してくださいw
今後のために書いておきますが、熱中症はまず冷却です。
自主トレなどでも「ヤバイ」と感じたらまず冷却。
風を当てたり、動脈を氷で冷やすと効果的だと思います。

動脈ってどこよ?という話になるので、代表的な場所として
1、総頚動脈(首)
2、鎖骨下動脈(鎖骨)
3、腋下動脈(脇)
4、大腿動脈(鼠径部)
この辺ならどこでもいいでしょう。2~3箇所冷やせるといいです。
おススメは鎖骨下動脈。ここを冷やせば頚動脈も腋下も冷えますからね。
あと、こむら返りはナトリウム不足なので、食塩水とかスポーツドリンク飲まないとですね。

筋トレと仕事

アメリカでは、ウエイトトレーニング人口が日本と比べて圧倒的に多いです。
彼らは肉食ですし、色々と違うんでしょうね。
ただ、そういうお国柄なので、ビジネスと筋トレの関係なんていう研究も進んでいます。

勉強がよく出来るとか
ビジネスが上手く行くとか
頭がよくなるなんて報告もあります。

筋肉芸や筋肉マンが、バカっぽい印象を与えてしまうためか、日本ではウエイトやってる人に対して「脳みそまで筋肉」的なイメージも在りますよね。

ただ、科学的に紐解くと、筋トレするって事は身体の筋細胞を限界まで使うって事です。
そうすると脳は、身体が追い込まれている、何とか耐えられる身体を作らなきゃってことで生存本能が働き、ホルモンの出方が変わります。
空手の稽古も同じです。

テストステロンとか、どこかで聞いたことのある内分泌液がチョロチョロっと増えるんでしょう。ハーバードなどでも研究されているので、筋トレでテストステロンが増えるのは事実でしょう。
そして、増える事で得られる効能はたくさんあるようですが、一番が「ヤル気向上」という効能です。
ヤル気があがれば・・・そりゃほとんどの事がプラスに働きますよね。
なので、頭がよくなるとか、結果が出ると言う単純な事ではなくて、ヤル気が上がるから学業成績が上がりやすくなるとか、営業成績が伸びるとかって事なんじゃないかと思います。

そんなわけで、筋トレや稽古のような、生存本能をくすぐる事をがんばる事は、何かを向上させたい人にとってはおススメという事になります。

ちなみに期末テストは11科目平均94点で、クラス1位、学年2位でした。
知識を持った医療資格者も混ざっている中での順位と考えれば、やっぱ筋トレと稽古のおかげ・・・のハズですw

大型扇風機

昼間は日差しが皮膚に刺さって痛い・・・
そんな紫外線の強さを感じる最近。

道場でも熱中症が出ないように気をつけていますが、さすがにクーラーは付けられないので扇風機をまとめ買いしました。

45Cm大型業務用4台
これを道場に置きます。
4台あると風が循環するため、かなりの効果が期待できます。
そして今道場で使っている大型扇風機は、ジムで使います。
これでジムに3台の扇風機。
そして、半端ない暑さの事務所には、更衣室につけていたクーラー持って行きます。
これで全ての区間でグレードアップ。
金曜日に届きますので、柔術の稽古には間に合いますね!

新OS

ウィンドウズでは初の無償アップデート
明日がその日です。

WIN7以上のOSは無料でWIN10に上げられるんですが、最初は不具合やソフトとの相性などを気にして、使う人は少ないんじゃないかと思いますが、私も最低半年は様子見になるかと思います。

どちらにしても、次期OSは、多少期待できるかも知れません。
個人的な感想ですが、同時に多くの人の意見として、OSの歴史ってのがあります。
WIN98は良かったですが、次のMEは最低。WIN2000やXPは最高のOSでしたがVistaで失敗。WIN7はXPと同等の良さで、WIN8でコケ。
コケた次は良作という、マイクロソフトOSの法則で、WIN10は期待が持てると言う事です。

しかし、アンドロイドやアップルのおかげか、マイクロソフトも、もっとも起業の収益の要であったOSを無償にするなんてありがたい限りです。
その分、オフィスソフトも月額に変わったり、ストレージサービスに移行したりと、何か別のビジネスモデルに変化していくんでしょうけどね。

たまにある質問

ジムの問い合わせでたまにあるのが「ランニングマシンは置いてありますか」です。
このマシン、大体のジムはおいてありますが、何であるのかというと、人気だからです。
しかも、長い時間ほったらかしにできるから楽ちんだから並べておきます。
じゃあ、効果は・・・というと、運動した気分になるのには良いのかも知れません。
汗はかきますからね。

はっきり言ってしまえば、そこらへん散歩すりゃ事足ります。
ジムに自転車で通ってくればそれで同じ効果は得られます。
ダイエットなどに有効と思われがちですが、実際にはカロリー消費量を高め、代謝を向上させ、発熱量を上げる為の、筋肉量を増やす事がまず先です。

アスリートの、すでに筋量が多い人に言ってるわけではなくて、一般的な人は必要な筋量が足りていないから、有酸素運動をするよりも先に優先しなきゃいけない事があると言うことですね。


PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

書いた記事数:2515 最後に更新した日:2015/12/31

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM